Animal communicationとは

アニマルコミュニケーションは、動物好きの方ならご存じかもしれません。

テレビなどで動物さんとお話しできる外国の女性。

彼女の感動的なセッションをご覧になった方もいらっしゃると思います。

 

 

アニマルコミュニケーションは言葉・イメージ・映像・直感・感覚・聴覚・臭覚を使って動物さんと繋がり、交信し、

読み取っていきます。

 

動物さんは私たち人間のように、はっきりとした言葉を持たない代わりに

ボディランゲージとテレパシーで意思の疎通を図っています。

テレパシーは特別なものではなく、本来私たちも持っていました。

便利になった今では使う必要もなく、錆びついてしまった道具のひとつです。

 

便利ですよね、今は。

テレパシーを使わなくても携帯電話さえあれば、お互いに連絡が取れちゃいますからね。

しかし、動物さんは携帯などの便利グッズは持っていないのです。

動物さんと交信するには、その錆びついたテレパシーをもう一度使えるように。

本来、私たちが持っていたツールを、磨きに磨き、磨き続けているのがアニマルコミュニケーターです。

 

なので、お気づきでしょうか。

アニマルコミュニケーションは特別な能力ことではない!ということを。

飼い主さんは毎日、我が家の動物さんを愛情をもって接していらっしゃいますよね。

日々の生活の中で、『こうしたいんだろぉな』とか『喜んでるな』とか。

それがボディランゲージ(尻尾の上げ下げ等)だったり、なんとなくそう感じるだったり。

それもアニマルコミュニケーションのひとつだと私は思います。

飼い主さんは動物さんと“日常会話”はできているのです。

 

ただ、その先をもっとわかり易い言葉にしてお伝えするのが

アニマルコミュニケーターの役目です。

海外では、動物の専門家である獣医さんやドックトレーナーさんが

アニマルコミュニケーターと協力しながら問題を解決していると聞きます。

素晴らしいことだと思います。

 

 

動物さんにも意思があります。

一見、問題行動にみえることにも、動物さんなりの理由があります。

その理由を飼い主さんが理解することにより、状況が変化することもあります。

ときには、動物さんの問題とされていることが、実は飼い主さんの問題だということも

多々あります。動物さんの真意を知り、飼い主さんご自身がご自分の内面にフォーカスすることで

あれよ、あれよと事態が変化することもあります。

自分の見方が変われば状況は変わる、ということだと思います。

 

変化するには時間がかかることもあります。

(飼い主さんご自身が)変わりたくない・・・・・のかもしれません。

大事なことは、変化を求めるのではなく気に留め理解すること!

そして、『気づくこと』だと思うのです。

 

動物さんの生き方って、本当に真っ直ぐなんです。

その真っ直ぐさにハッと気づかされたり、考えさせられたり。

本当の豊かさってなんだろぉ・・・なんて、思ったりします。

動物さんとお話しすることで、ご自身の思い込みやこだわりに気づくことが多くあるのですよ。。。 

 

 

動物さんは『どう生きるか』を教えてくれる存在だと思うのです。

私たちが忘れかけていたシンプルな心の声を、動物さんから学ぶ。

そんな気持ちでアニマルコミニュケーションを活用していただけると嬉しいです。

 

       アニマルコミニュケーションセッション料金はこちら